2016年04月19日

習慣化することでもっとゴルフが楽しめる

プレー前の5分ストレッチ

腰やヒザが痛くなるのは足首が硬いから


 トップで間を取って振るといっても、体が十分に回らない人はうまくできません。ところが、いくら練習してもダメだったものが、ストレッチをしたらできるようになる。ゴルフの技術レベルがアップします。
体の可動域を増やせば、結果的にケガの予防にもつながります。
カラダには、回旋する関節と曲げ伸ばししかできない関節が交互に配置されています。腰やヒザは回らない関節です。回るのは胸、股関節、足首。これらが硬いと、ヒザや腰に可動性を求めて痛みが出るわけです。30代までは放っておいても体は動く。40代くらいから体の硬化が進んで思うように動かなくなってきます。40代、50代からでもストレッチを習慣化しておけば、60代、70代になってもゴルフを楽しめるはず!!


具体的にはどんなストレッチをすればいいのか。たった3種類だから、スタート前のティグラウンドや練習グリーンで5分もあればできます。

.







削除
習慣化することでもっとゴルフが楽しめる